1.相続とは

相続とは、人が亡くなったときに、その人(被相続人い言います)の財産的な地位を、その人の配偶者と直系の血族、兄弟姉妹(相続人とい言います)が受け継ぐことです。つまり、相続とは、被相続人に属していた権利義務が、包括して相続人に承継されることをいいます。
被相続人から相続人に受け継がれる財産のことを、「相続財産」あるいは、「遺産」と言います。
引継ぐ遺産には、土地、建物、現預金だけでなく、貸金や売掛金などの債権も相続の対象になります。また、このようなプラスの財産に限らず、借金や損害賠償債務といったマイナスの財産も相続されます。

ただし、次のものは例外で、相続でも承継しません。
①相続人の一身に専属したもの
②位牌、お墓などの祭祀財産
③生命保険金、死亡退職金、遺族年金など、契約や法律に基づいて支払われるもの 

2.相続人は誰か

相続人にはその順位が定められており、第1順位が子、第2順位が直系の尊属、第3順位が兄弟姉妹となっています。配偶者は、常に相続人で子、直系尊属、兄弟姉妹と共に相続します。これを法定相続と言います。

遺言は、民法の定める法定相続分に優先します。
ただし、遺言がある場合でも、相続人の最低限の相続財産に対する権利として「遺留分」と言うものが定められており、遺留分の権利に相当する相続分については、遺言に優先します。
ただし、遺留分の規定に抵触する場合でも、遺言による相続分の指定が無効になるわけではなく、遺留分を侵害された相続人は、遺留分の権利を遺言を受けた者に対し行使することができます。

3.相続人になれない人

相続人と推定される人のうち、「欠格事由」に該当する人は相続人とされません。
この「欠格事由」に該当する人には、次のような人が該当します。(民891)
①  故意に被相続人または相続人について自分より先の順位又は同じ順位の相続人となる人を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために刑に処せられた人
②  被相続人の殺害されたことを知って、これを被害者として捜査機関に告訴せず、あるいは告発しなかった人
③  詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、取り消させ、又は変更させた人
④  詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をさせ、撤回、取り消し、又は変更することを妨げた人
⑤  相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、遺言書の内容を変えたり、破棄し、又は隠した人

4.相続の承認と放棄(財産や債務を引き継がない場合)

①単純承認(民920、922)
相続が発生し、そのままでいると被相続人の財産に関する権利や義務を無制限に承継することになります。これを「単純承認」といいます。
一方、すべての権利や義務を承継しないで制限するものが、次の「限定承認」と「放棄」です。「限定承認」や「放棄」の手続きをしなければ、自動的に承認したことになります。また、相続財産の一部または全部を処分した場合も単純承認したものとみなされます。

②限定承認(民922~937)
相続人は、相続によって得た財産の限度においてのみ、被相続人の債務を弁済する相続の方法です。
この方法は、財産と債務のいずれが多いか不明の場合において用いられます。
ただし、限定承認を行うには、原則として、被相続人の死亡を知った日から3か月以内に、相続財産の内容を記載した財産目録を作成して家庭裁判所に提出し、限定承認する旨を相続人全員の共同で申請しなければなりません。

③放棄(民938~940)
相続の放棄とは、被相続人の財産に属した権利や義務の承継を拒否する行為であり、被相続人の財産を受け取らないとともに一切の債務も引き継ぐことがなくなります。
この方法は、借金などの債務が財産より多いときに利用されたりする制度です。
この放棄をすると、その放棄した者は、その相続に関しては初めから相続人にならなかったものとみなされます。当初から相続人にならなかったものとみなされるので、放棄者に子があっても、その子は代襲相続人にもなることはできません。
この相続の放棄は、相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から3か月以内に放棄の申述を家庭裁判所にしなければなりません。